Tabi Magazin-

ギンガムヴィンテージワンピース

小山田早織がブランドディレクターを務める”Ezick”

読者モデルとしてファッションの世界に入り、スタイリストのアシスタントに。アシスタントを卒業し、スタイリストとして独立。ELLEなど数々の有名雑誌で活躍。

モデル、タレント、女優、アーティストからの人気をはくし指名も多数。ブランドのディレクションやコンサルティングも手掛けるなどその活動は多岐にわたり、自身のSNSや日本テレビ「ヒルナンデス!」への出演で人気を博す。現在はワーキングマザーとしての顔を持つ。

“Ezick”のタグライン

“境界線を引く ――――――― 
作り笑いと愛想は、ちがう。可愛いと美しいは、ちがう。
普通とシンプルは、ちがう。落ち着きと余裕は、ちがう。
無関心と等身大は、ちがう。わがままと自由は、ちがう。
同じようでどれも、ちがう。

曖昧なものが多い世の中に、ジブンのボーダーラインを。
シロ・クロつける生き方を。”

http://www.elementrule.co.jp/brands/ezick/

ヴィンテージテイストのギンガムチェックワンピース

実はお仕事で”Ezick”のブランドお披露目に招待されていたのだけれど、都合がつかず店舗がオープンしてから、個人的に訪問。

本当はちょっとどんな感じかちらっと見るはずだけだったのに、かわいいワンピース見つけちゃって、即購入!

▼RikiMaruが実際に着用したイメージ

肩にボリュームがある分、ウェストはきゅっとしまっていてメリハリのあるデザイン。女性らしさもありながら、スタイリッシュさも兼ね備えている大人な1枚。

まだまだおしゃれなアイテムもあるので、みなさんもぜひチェックしてみては?